コンテンツにスキップする
Photographer: scyther5/iStockphoto

アルツハイマー病新薬を17年ぶりに認可-中国の上海緑谷が製造

  • 中国当局、上海緑谷製薬の「九期一」を条件付きで認可
  • 治験4週目でアルツハイマー病患者の認知機能に統計的有意な改善
injecting injection vaccine vaccination medicine flu man doctor insulin health drug influenza concept - stock image
Photographer: scyther5/iStockphoto

中国がアルツハイマー病の新薬を認可した。国産のアルツハイマー病治療薬は科学研究分野でのリードを目指す中国の取り組みを後押しすることなる。

  アルツハイマー病の新薬が承認されたのは17年ぶり。国家薬品監督管理局が2日発表した声明によれば、条件付きで認可されたのは上海緑谷製薬が製造している「九期一」(Oligomannate、GVー971)。

  上海緑谷は発表資料で、臨床試験の4週目で軽度から中程度のアルツハイマー病患者の認知機能に統計的に有意な改善が見られたと説明した。

原題:
China Approves First New Alzheimer’s Drug in 17 Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE