コンテンツにスキップする

英下院の新議長にホイル氏-バーコウ氏の後任、「分断修復」を訴え

英下院は4日、10月末で退任したバーコウ下院議長の後任として、最大野党・労働党出身で2010年から下院副議長を務めてきたリンジー・ホイル議員を選出した。

  英議会が近年の同国政治史でまれに見る熾烈(しれつ)な対立を経験する状況を受け、ホイル氏(62)は、欧州連合(EU)離脱を巡る分断の修復を訴えて選ばれた。バーコウ氏がEU残留支持という自らの立場を認めたのに対し、ホイル氏はEU離脱に関する見解をこれまで明らかにしていない。

New Speaker elected

リンジー・ホイル氏

フォトグラファー:ステファン・ルソー/ PA Images by Getty Images

原題:U.K. Parliament Picks Speaker With Pledge to Heal Brexit Divide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE