コンテンツにスキップする

弾劾調査する米下院委、政府当局者に証言強制できず-司法省見解

  • 司法省法律顧問室の見解、下院委の聴取で新たなハードルに
  • 行政機関弁護士が証言に立ち会えない場合もある-下院情報委員長
Trump dark HP Social
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Trump dark HP Social
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米司法省は4日、弾劾調査手続きを行う米下院委員会が保護された情報に関わりかねない問題について、政府弁護士の立ち会いなしで行政機関職員に証言を強要することはできないとの新たな法律上の見解を公表した。

  同省の法律顧問室が示したこの見解は、トランプ大統領に対する弾劾調査でホワイトハウス当局者に証言を要求する下院情報特別委員会などによる取り組みの新たなハードルとなる。シフ下院情報特別委員長は、こうしたハードルがそれ自体でトランプ政権による司法妨害の証拠になると指摘している。

  シフ委員長は4日に記者団に対し、行政機関弁護士は「当該機関について懸念がある場合は特に」宣誓証言の場に立ち会いを認められないと述べた。

  米下院は4日、トランプ大統領が自身に政治的に有利になるようウクライナに調査を迫ったとされる疑惑を巡る当局者の非公開証言の公表を始めた。シフ委員長はポンペオ国務長官の元上級顧問マイケル・マッキンリー氏の証言記録で、国務省が当局者の証言を阻止しようとしていたことが示されたと述べた。

原題:
Impeachment Panels Can’t Make Officials Testify, DOJ Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE