コンテンツにスキップする

マクダーモットの無担保優先債、一時最安値-利払い不履行の発生受け

  • 24年償還債の約6900万ドルの利払いが期限の1日に行われなかった
  • 同社債の価格は4日、額面1ドル当たり一時3.75セント下落した

米エンジニアリング会社マクダーモット・インターナショナルの格付けの最も低い社債が4日、一時最安値を付けた。利払いの不履行が発生したとの情報に反応した。

  2024年償還の無担保優先債(表面利率10.625%)13億ドル(約1412億円)相当の利払いが期限の1日に行われず、4日午後になっても支払われていないと複数の関係者が明らかにした。

  マクダーモットは同日発表した四半期報告書で、24年償還債の約6900万ドルの利払いが期限の1日に行われなかったことを認めた。

  借り手が債権者と交渉する間、利払いの履行は通常30日間の猶予期間が認められる。

  四半期報告書によると、同社は猶予期間の開始を確認する一方、合意による決着を伴わずに猶予期間が終了し、その時点で利払いがなお履行されていない状況がない限り、デフォルト(債務不履行)事由につながらないと説明した。

  債券価格報告システムのトレースによれば、マクダーモットの24年償還債の価格は4日、額面1ドル当たり一時3.75セント下落し、同15.25セントで取引された。

Company's bonds fall after skipped coupon payment

原題:McDermott Bonds Drop as Company Said to Miss Interest Payment

McDermott Confirms Missed Bond Payment in 10-Q Filing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE