コンテンツにスキップする
Photographer: Dario Pignatelli

インド、RCEP交渉から離脱を表明-他15カ国は来年署名の用意

更新日時
  • 交渉撤退は「国益を踏まえた上での決定」-インド外務省
  • インドは準備が整い次第いつでも参加できる―中国
A container is unloaded from a ship docked at the Port of Bangkok in Bangkok, Thailand, on Wednesday, Sept. 23, 2015. The Bank of Thailand is scheduled to release its quarterly gross domestic product (GDP) on Sept. 25.
Photographer: Dario Pignatelli

インドは東アジア地域包括的経済連携(RCEP)を巡る交渉から離脱する意向を明らかにした。インドを除く15カ国は、2020年の協定署名を目指す。

  インド外務省のビジェイ・タクール・シン氏は4日、バンコクで記者団に対し、政府が交渉からの撤退の決定を他国に伝えたと述べた。国益を踏まえた上での決断だとしている。

  別の当局者は、モディ首相がサービス業の労働者や農家を保護するためにRCEPへの不参加を決めたと述べた。インドは他の15カ国に対し、赤字を巡る懸念への対応やインドのサービスや投資への市場開放を求めていたと、同当局者は説明した。

  RCEP首脳会合後に発表された共同声明では、インドについて「未解決のまま残されている重大な課題がある」と指摘。「全てのRCEP参加国は、そうした課題をお互いが満足できる形で解決できるよう協力して取り組んでいく。インドの最終的な決断は、課題を満足のいく形で解決できるか否かにかかっている」と記された。

  中国外務省の楽玉成次官は4日、バンコクで記者団に対し、インドは準備が整い次第いつでも参加できると述べた。

  楽次官は「15カ国がまず初めに前進することを決めた」とし、いくつかの課題については年末までに解決しないとの認識を示した。

  その上で、「15カ国については、来年のRCEP署名に何ら問題はない」とし、「われわれの姿勢は柔軟であり、インドの準備が整い次第、参加を歓迎する」と述べた。

  梶山弘志経産相は5日の会見で、日本の今後の対応について「インドを含む16カ国での早期妥結と、20年中の署名に向けて引き続き主導的な役割を果たす」と述べ、今後もインドを含めた全参加国での交渉妥結を目指す意向を示した。インドに関しては「離脱撤退するといった事実関係は確認できていない」とも語った。

Mega Trade Deal

Asian leaders plan to sign the world’s largest regional trade deal next year 

原題:
India Exits China-Backed Trade Deal as 15 Nations Ready to Sign(抜粋)

(最終段落に梶山経産相の発言を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE