コンテンツにスキップする

豪ウエストパック銀、25億豪ドル規模増資と減配発表-9月通期は減益

  • 通期利益は15%減-金融危機以来の減益となった
  • 増資は20億豪ドルが機関投資家、残りが個人投資家向け

オーストラリア2位の銀行、ウエストパック銀行は4日、25億豪ドル(約1870億円)規模の増資計画と減配を発表した。

  豪銀決算で一般的な実質利益を示す調整後利益は2019年9月通期に68億5000万豪ドルと15%減少。金融危機直後の09年以来の減益となった。株主資本利益率(ROE)は2.25ポイント低下し10.75%と、同行が目標とする約13-14%を大きく下回った。期末配当は80セントと前年の94セントから引き下げた。

  バランスシートの強化を目指し、ウエストパック銀は機関投資家に1株当たり25.32豪ドルで計20億豪ドル相当の株式を発行する計画。これは1日の終値を9.2%下回る水準 。残りの5億豪ドル相当は個人投資家向けとなる。同行株はこの日の豪株式市場で取引停止となっている。

Australia's big banks are paring gains as earnings come under pressure

Profit Plunge

Westpac earnings fell for the first time in a decade

Source: Company filings, Bloomberg News

 

原題:Westpac Profit Plunge Caps Horror Year for Australia’s Banks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE