コンテンツにスキップする

米大統領はアイオワ州での署名検討-対中貿易部分合意で

トランプ米大統領は1日、中国との貿易合意の第1段階の署名場所について、アイオワ州など数カ所を検討していることを明らかにした。ホワイトハウスで記者団に語った。

  同大統領によると、米中両国は計画に関して積極的に議論しており、大きく前進しているという。チリでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が中止された後、両国は署名セレモニーを開く新たな場所を探している。

  中国の習主席国家主席が米国での署名に同意するかどうかは明確ではない。

  事情に詳しい関係者1人によると、アイオワ州での署名は今週浮上したもので、協議が進行している。別の関係者によれば、同州での首脳会談は春に議論されたが、国家安全保障会議(NSC)の当局者やライトハイザー通商代表部(USTR)代表らが構造改革なしの農産品に限った合意と見られる可能性があるとして、反対したという。

原題:
Trump Considers Iowa as Location to Sign Trade Pact With China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE