コンテンツにスキップする

ソフトバンクG:2Qに約2770億円の投資利益計上、アリババ関連で

ソフトバンクグループは1日、7-9月(第2四半期)に約2770億円の投資利益を計上すると発表した。関連会社である中国の電子商取引運営会社、アリババ・グループ・ホールディングが傘下企業との取引で上げた利益について、持ち分法を適用した。

  アリババは9月、知的財産の一部を螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)とその子会社に売却し、それに伴い692億元(約1兆600億円)の利益を7-9月期に計上した。

  ソフトバンクGは11月6日に第2四半期決算を発表する。

関連記事:アリババ、7-9月売上高は予想上回る-ターゲット広告が奏功

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE