コンテンツにスキップする

ダンスケ銀行、債券・為替で人員削減に踏み切る-再建策の一環

デンマークの銀行最大手、ダンスケ銀行は1日、収益回復を目指す再建策の一環として債券・為替部門の人材削減に踏み切ることを明らかにした。

  ダンスケは7-9月(第3四半期)決算発表の中で、「直接的な人員コストを最大15%削減する短期的な経費節減策」を計画していると述べた。同銀は採用を凍結しており、「自主退職」を中心とした人員削減を望んでいる。

  同銀はまた、増大するコンプライアンス関連費用やマイナス金利などの影響を受け、一段と厳しくなるビジネス環境を背景に業績見通しを引き下げた。下方修正は7月以来で2度目となる。

  同銀はマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑を巡り、欧州や米国で調査を受けている。第3四半期の純利益はアナリスト予想を下回り、2019年通年の純利益見通しは、従来予想(130億-150億クローネ=約2100億-2400億円)の下限とした。

原題:Danske to Cut Fixed Income, Currency Jobs as Profits Falter (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE