コンテンツにスキップする

GPIF:運用収益1.8兆円、4資産収益率そろってプラス-7~9月

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2019年度第2四半期(7-9月期)の収益額は、海外金利の大幅な低下を背景に1兆8058億円増となり、運用資産額は過去3番目の高水準を記録した。

  GPIFが1日公表した運用状況によると、運用収益率はプラス1.14%。9月末の運用資産額は161兆7622億円だった。国内外の債券・株式の4資産の収益率は、2四半期ぶりにそろってプラスとなった。米欧の中央銀行による金融緩和への期待が株と債券投資の追い風となった。

運用収益と資産残高

運用資産の収益率 1.14%3四半期連続のプラス
国内債券 0.31%4四半期連続のプラス
国内株式 3.34%2四半期ぶりのプラス
外国債券 1.21%3四半期連続のプラス
外国株式 0.11%3四半期連続のプラス
9月末の運用資産額161兆7622億円

自主運用を始めた2001年度

からの累積収益

67兆8835億円

  一方、内外債券・株式別の保有額や構成比、四半期ごとの収益額については、基本ポートフォリオの見直しが終わるまで公表を一時停止した。  

  高橋則広GPIF理事長は公表資料のコメントで、7-9月期の運用環境について、米国やユーロ圏が世界経済の減速懸念への対応として利下げなどの金融緩和を行ったことなどから世界的に金利は低下し、株価は上昇したと説明した。

  運用状況データの一部公表停止については、基本ポートフォリオの見直しに向けた議論を進める中、「経営委員会における議論を踏まえ、今年度中は資産別資産額と構成割合および資産別収益額を開示しない。これらの情報は来年度に公表する2019年度の業務概況書に記載する」とした。

GPIF secures return for third consecutive quarter

 ピクテ投信投資顧問の松元浩常務は、GPIFの今後の展開について、「これだけ世の中の金利が下がってしまった後なので、GPIFがどういう債券運用を設定するのか注目したい。為替ヘッジ付き外債の比率もどうするのかが気になる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE