コンテンツにスキップする

トランプ大統領、弾劾裁判はほぼ不可避か-米下院の決議案可決で

  • トランプ氏は弾劾プロセス後に再選目指す初の大統領になる可能性
  • 下院は賛成232票、反対196票で決議案可決-弾劾調査は公開段階へ
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米議会下院が10月31日にトランプ大統領の弾劾調査の承認と前進を採決したのを受け、同大統領は最も危うい立場に置かれた。

  弾劾調査プロセスを巡る決議案はほぼ党派に沿って賛成232票、反対196票で可決された。これは弾劾調査の公開段階に向かうロードマップを提示しただけではない。トランプ大統領弾劾の訴追決議案採決と、上院での弾劾裁判がほぼ不可避だという明確なシグナルでもある。

  トランプ氏は正式な弾劾調査プロセスの対象となった4人目の大統領となる。ビル・クリントン氏と南北戦争後のアンドリュー・ジョンソン氏の2人は下院で弾劾訴追されたが、上院では有罪判断を受けなかった。リチャード・ニクソン氏は下院が弾劾訴追の決議をする前に辞任した。

  しかし、トランプ氏は弾劾訴追されてから再選を目指す初の大統領になるかもしれない。こうした展開はトランプ大統領にとって新たな挑戦で、トランプ氏は上院による罷免だけでなく、有権者の手によっても退陣に追い込まれる事態を避けるために共和党の結束維持に取り組まねばならない。

  最近の動きにはトランプ氏が差し迫る危機を理解していることを示唆している。事情に詳しい関係者によると、ホワイトハウスのスタッフ増員要請に抵抗していたトランプ氏は著名な広報専門家を雇い、弾劾調査関連の情報を発信させる可能性が高い。一方、トランプ陣営は10月30日の米大リーグのワールドシリーズ第7戦で、派手な全米テレビ広告を打ち、トランプ氏の業績を強調した一方で、「でっち上げの調査」だと民主党を批判した。

  トランプ大統領は共和党の結束維持に深く関与するようになっており、政権当局者によると、過去2週間で下院議員60人余りと直接会ったという。

House Speaker Nancy Pelosi Holds Vote On Impeachment Inquiry Of Donald Trump

10月31日の下院本会議での弾劾調査に関する決議案採決の投票集計表示

写真家:Andrew Harnik / AP Photo / Bloomberg

原題:
Trump’s Presidency on Treacherous New Ground After House Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE