コンテンツにスキップする

米アルトリア、電子たばこ関連投資で45億ドルの評価損を計上

「マールボロ」で知られる米たばこメーカーのアルトリア・グループは、電子たばこブランド、ジュール・ラブズへの投資に関連して45億ドル(約4860億円)の評価損を計上した。

  同社が31日に発表した資料によると、この非現金費用に関して、米食品医薬品局(FDA)によるフレーバー付き電子たばこの販売禁止の可能性が高いことや複数の都市、州ですでにさまざまな規制が実施されているなど、多数の要因が関係していると明らかにした。

  アルトリアは、昨年12月にジュール株式の35%を128億ドル相当で取得することで合意。しかし、電子たばこ使用と関連が疑われる肺疾患や死亡例が多数報告されており、頭痛の種となっている。

  アルトリア株は31日、上昇して始まったが、2.6%安で取引を終了した。電子たばこ市場の規制強化により、同日終値時点で年初来9.3%の下落。

Altria takes $4.5 billion to writedown the value of Juul

原題:
Cigarette Maker Altria Takes $4.5 Billion Charge on Juul (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE