コンテンツにスキップする

リスク最高のジャンク債、米国債に上乗せ9.3ポイントでも投資家敬遠

  • CCCクラスの社債はジャンク債市場全体に対しアンダーパフォーム
  • 「誰も手を出そうとしない」とボヤのパリッシュ氏

ジャンク債市場で実質的に最低水準であるトリプルC級格付けの社債を、投資家は敬遠している。

  5月以降、市場の大半の部分は値上がりしたがCCCクラスは相対的に割安になった。ブルームバーグがまとめたデータによると、すぐ上の格付けとのスプレッドは2016年半ば以降で最大となった。

CCC Worksheet

全体を表示するにはクリックしてください

関連ニュース

  米国債に対する上乗せ利回りは9.3ポイントと妙味があるが、グッゲンハイムやボヤ・インベストメント・マネジメントは敬遠している。CCC債の一斉売りは悪化する恐れがあるからだ。米中貿易戦争の長期化や米成長鈍化がこうした低格付け債に及ぼすリスクは、より高い格付けの社債に比べ大きいと運用会社は指摘。

  ボヤのクレジット責任者、ランドール・パリッシュ氏は、「CCC債は安さが際立つが、誰も手を出そうとしない」と話した。

  ジャンク債の中で最高格付けグループの社債は今年13.5%値上がり。ジャンク債全体は11.9%上昇だが、CCC債は5.7%の上昇にとどまっている。

原題:
Riskiest Junk Debt Still Isn’t Cheap Enough to Lure Buyers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE