コンテンツにスキップする

トランプ氏「英と通商協定結べず」-ブレグジット党と首相協力を

更新日時
  • 「離脱合意のある側面の下では貿易が行えない」とトランプ大統領
  • EUときっぱり決別すれば「はるかに大きな数字」が可能になろう
ジョンソン首相とトランプ大統領

ジョンソン首相とトランプ大統領

Photographer: Saul Loeb/AFP
ジョンソン首相とトランプ大統領
Photographer: Saul Loeb/AFP

トランプ米大統領は、ジョンソン英首相が欧州連合(EU)と取り決めた離脱合意の下では、離脱後に米国と通商協定を締結することが難しくなるとの認識を明らかにした。

  トランプ大統領は、英ブレグジット党を率いるナイジェル・ファラージュ氏とのLBCラジオのインタビューで、ジョンソン首相がEUとよりきっぱり決別することができれば、両国間で「はるかに大きな数字」の貿易が可能になるだろうと語った。

  大統領は「われわれは英国と貿易を望み、彼らもわれわれとの貿易を望んでいる」としながらも、「離脱合意のある側面の下では、貿易ができず、英国と通商協定を結ぶことができない」と発言した。

  トランプ氏の警告は、ジョンソン首相が最終的にEU離脱を何とかやり遂げたとしても、米国との「素晴らしい」通商合意の締結は、首相が望んでいたほど簡単にはいかないとの見通しを示唆するものといえる。

  トランプ氏はその一方で、12月の総選挙に向けジョンソン首相と協定を結ぶようブレグジット党に促し、「2人が一緒になれればいいのだが。そうなれば素晴らしいと私は思う」と述べた。

原題:Trump Warns Johnson His Brexit Deal Makes U.S. Trade Deal Hard(抜粋)

(首相と協力するようブレグジット党に促すトランプ氏の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE