コンテンツにスキップする

香港経済がリセッション入り、09年以来

  • 前期比で最悪の市場予想をも超える落ち込み、09年以来で最悪
  • 香港からの大規模な資本流出は見られない-HKMA総裁
General Views Of The Central Business District

Photographer: Jerome Favre/Bloomberg

General Views Of The Central Business District

Photographer: Jerome Favre/Bloomberg

香港経済は7-9月(第3四半期)に大幅に縮小し、リセッション(景気後退)に突入した。ほぼ5カ月間続いている政府への抗議行動が域内経済に打撃を与え、最悪の市場予想をも超える落ち込みとなった。

  香港政府が31日発表した7-9月の域内総生産(GDP)速報値は前期比3.2%減と、金融危機直後の2009年以来で最悪となった。第2四半期は0.4%減だった。2四半期連続のマイナス成長は香港がリセッション入りしたことを意味する。

  現在の議論の焦点はリセッションがいつまで続くか、最近かすかに見られる安定化の兆しが景気の底打ちを示唆するか、そして米中貿易戦争と反政府デモが長期的なダメージを与えたかだ。陳茂波(ポール・チャン)財政官は今週、今年の香港経済がマイナス成長となる可能性は「非常に高い」と述べている。

Indicators Signal Stabilization Near Lows

■ Y/Y % change □ Below 50 shows deteriorating conditions

Sources: Hong Kong Tourism Board, Census and Statistics Department, Centaline Property Agency, HK Monetary Authority, Markit, Data compiled by Bloomberg

  香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)の余偉文(エディー・ユー)総裁は記者会見で、抗議活動が繰り広げられる中でも香港からの大規模な資本流出は見られないと述べた。

Hong Kong Protests Attend Rally Against Police Brutality in Kowloon as Unrest Circles Globe

香港でデモ隊を撃退する警察。10月27日撮影

  前年同期比では第3四半期GDPは2.9%減。市場予想は0.3%減だった。

原題:Hong Kong Crashes Into Recession as Protests Hit Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE