コンテンツにスキップする
Photographer: Lisa Maree Williams/Bloomberg

ウォール街元トレーダー、レポ市場混乱で荒稼ぎ-年末にも再来見込む

A motorcyclist is reflected in a window as electronic boards display stock information at the Australian Securities Exchange, operated by ASX Ltd., in Sydney, Australia.
Photographer: Lisa Maree Williams/Bloomberg

ウォール街を追われた元自己勘定トレーダーらは、9月の米レポ金利急騰で利益を上げた。今は次の大きな動きに備えている。

  レポ市場混乱時にJPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)のようなバンカーはほぼ傍観するしかなかった。だが、ウォール街を出た後にシドニーからボストンまで各地のファンドに散り、市場金利のずれを利用した裁定取引で稼ぐこれらのトレーダーは、同様の収益機会を虎視眈々(たんたん)と狙う。

  シドニーのアーディア・インベストメント・マネジメントもこうした取引をする1社だ。ユーロドルオプションの取引で9月に利益を得た同社のトレーダーは、次のチャンスが年末にも来ると予想する。ボストンを拠点とするマニュライフ・インベストメント・マネジメントのジェームズ・マディソン氏は、レポ市場の変調を「黙って見逃すことができない」機会だと呼んだ。

  マニュライフの債券トレーダーであるマディソン氏は、コマーシャルペーパー市場の金利が翌日物レポ金利と張り合う形で高くなった機会を生かしたと話した。利回りが通常の2倍の5.5%前後になった証券を大量に買い込んだという。

Repo calm after September's spike seen precarious

  日々のレポ取引はあまり注目されることがないが、マネーマーケットや翌日物金利、フェデラルファンド(FF)金利に影響を与える。

  9月にはレポ金利が約10%に達し、連邦準備制度はFF金利の実効レートが高くなり過ぎないように介入せざるを得なかった。当局の介入で市場は落ち着いたが、米国債発行増やウォール街のディーラーの手を縛る規制など根本的な要因から、混乱が再来する恐れはある。

  元ドイツ銀行のトレーダーで現在はアーディアの一員であるゴピ・カルナカラン氏は、資金が通常逼迫(ひっぱく)する年末にも同様の展開が繰り返される可能性があると考えている。

  「金融当局の最近の行動を考慮に入れても、レポ市場のボラティリティーは定期的に再燃すると思う。銀行のバランスシートに関する制約は、価格の異常やずれが起きやすくなることを意味する」と同氏は話した。

原題:
Ex-Prop Traders Who Won Big on Repo Are Ready for Next Big Spike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE