コンテンツにスキップする

河井法相が辞任、週刊誌報道受け引責-1週間で2人目の閣僚交代

更新日時
  • 「法相として責任取る」と河井氏-後任に森雅子元少子化担当相
  • 任命責任を痛感、国民に深く心からおわび-安倍首相

河井克行法相が31日、妻の参院選選挙運動を巡る週刊誌報道を受け、辞任した。地元有権者に秘書が香典を配った問題などで25日辞任した菅原一秀前経済産業相に続き、わずか1週間で2人目の閣僚交代となり、安倍晋三政権にとって大きな打撃となる。

  同日発売の週刊文春は7月の参院選で当選した案里氏の陣営で公職選挙法の運動員買収の可能性があると報じていた。内閣改造直後の閣僚の相次ぐ交代は異例で、安倍首相の衆院解散時期の判断にも影響する可能性がある。

  河井氏はこの疑惑について「私も妻も全く、あずかり知らないところだ」と述べ、「しっかりと調査して説明責任を果たしたい」と述べた。辞任を決断した理由について「政治家として責任を取るのではなく、法相として法に対する国民の信頼を損ないかねない疑義が生じたことに責任を取る」と語った。

  安倍首相は河井氏を任命したことについて「責任を痛感している。国民の皆さまに深く、心からおわびを申し上げたい」と陳謝。菅原氏に続く閣僚辞任に関しては「厳しいご批判があることは真摯(しんし)に受け止めなければならない。内閣として、総理大臣として、より一層身を引き締めて行政の責任を果たしていきたい」と語った。官邸で記者団に語った。

Japan's Prime Minister Shinzo Abe Reshuffles Cabinet

河井法相

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  後任には森雅子元少子化担当相が就任する。森氏は首相官邸で記者団に、安倍首相から「法務大臣をするようにというご指示があり、はいと答えた」と語った。森氏は弁護士、金融庁金融証券検査官などを経て2007年の参院選で福島選挙区から出馬し、初当選。現在3期目。第2次安倍政権で少子化担当相を務めた。

  菅原氏は菅義偉官房長官を支える無派閥の議員グループ「令和の会」のメンバー、河井氏は菅氏が顧問に就任している派閥横断勉強会「きさらぎ会」の幹事長を務めている。

  菅官房長官は31日の会見で、両氏の辞任を受け「謙虚に真摯(しんし)に対応して国民の理解を得ることができるよう、しっかりと行政を前に進めていきたい」と強調。河井氏については、法相は法令順守において「一番厳しさが求められる」とも指摘した。

野党は攻勢、年内解散困難との見方も

  相次ぐ閣僚辞任に野党側は攻勢を強めている。立憲民主党の蓮舫参院幹事長は自身のツイッターで、安倍首相の任命責任をただすため、参院予算委員会で首相出席の質疑を開催するよう求める考えを示した。共同通信によると、河井氏辞任を受けて同党など野党4党の国対委員長が31日会談し、同日中の全ての国会審議に応じない方針で一致した。

  衆院議員は21年10月21日の任期満了まで2年を切っており、野党には早期解散を警戒する見方がある。安倍政権下では14年10月に当時の小渕優子経産相、松島みどり法相がスキャンダルで相次ぎ辞任した約1カ月後に首相が衆院解散に踏み切り、与党が大勝したことがあった。

  アジアフォーラム・ジャパンの中村克彦常務理事は安倍政権の現状について「以前に複数のスキャンダルを乗り越えたことはあるが、それを無視して選挙を打てるほど今の状況は強くない」と分析。台風19号被害の影響もあり、年内の衆院解散は困難と話す。

  ただ、自民党総裁としての任期である21年9月が近づいた「レームダックのような状態」での選挙を安倍首相はなるべく避けたいとも指摘し、「年明けの早いタイミング」を探っているとの見方を示した。

(第6段落以降に菅官房長官らの発言などを追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE