コンテンツにスキップする

リフト、7-9月売上高が市場予想上回る-通期見通しも引き上げ

  • 2021年末までに黒字化する計画を確認-時間外で株価急伸
  • アクティブライダー数と乗客1人当たりの売上高が増加

配車サービスの米リフトの7-9月(第3四半期)決算では売上高がアナリスト予想を大きく上回り、同社は通期見通しも引き上げた。利用者を増やし価格競争力を確保する取り組みが奏功しつつあることが示唆された。株価は通常取引後の時間外取引で急上昇した。

  発表によると、通期売上高は35億7000万ー35億8000万ドル(約3890億ー3900億円)になる見通しで、アナリスト予想(35億1000万ドル)を上回る数字となった。

  リフトのアプリを通じて四半期中に少なくとも1回乗車したユーザーと定義する「アクティブライダー」の数は7-9月期に2230万人となり、1人当たりの売上高は42.82ドルと、前年同期比でそれぞれ28%、27%伸びた。同社は2021年末までに黒字化する計画を確認した。

  7-9月期の調整後売上高は63%増の9億5560万ドル。アナリスト予想は9億1620万ドルだった。株式報酬や買収費用などを除いた調整後の純損失も1億2160万ドルと、前年同期(2億4530万ドル)から縮小。アナリストは2億1200万ドルの赤字を予想していた。

  発表を受け、リフトの株価は一時6%上昇した。

原題:
Lyft Beats Revenue Estimates, Raises 2019 Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE