コンテンツにスキップする

10月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが2週間ぶり高値から下落、FRB議長発言重し

  30日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)は利下げを当面休止する可能性はあるものの、利上げは検討していないとするパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が意識された。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%安。一時は0.3%上昇し、10月17日以来の高値となった
    • FOMCは政策金利を0.25ポイント引き下げた。利下げはこれで3会合連続。今後については、少なくとも1会合は政策を据え置く可能性を示唆。声明では「景気拡大の維持に向け、適切に行動する」との文言が削除された
  • ジェフリーズの外為責任者、ブラッド・ベクテル氏:
    • 「FOMCはこの先、金利据え置きの姿勢のようだが、必要に応じて利下げに踏み切る構えを依然維持している。利上げのハードルは極めて高いことを明確に示した」
  • FOMCはフェデラルファンド(FF)金利誘導目標レンジを1.5-1.75%に引き下げた背景として、世界的動向の影響を挙げた
  • 7-9月(第3四半期)の米実質国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率1.9%増。市場予想は1.6%増だった
  • 市場は31日の日本銀行の政策決定と11月1日の米雇用統計に注目
  • カナダ・ドルは主要10通貨で下落率トップ。カナダ銀行(中央銀行)は政策金利を8会合連続で1.75%で据え置いた。ただし、経済成長見通しは下方修正した
  • 主要10通貨ではスイス・フランが値上がり率トップ。大半の主要通貨は狭いレンジで推移
  • ニューヨーク時間午後4時17分現在、ドルは対ユーロで0.4%安の1ユーロ=1.1151ドル。対円では0.1%下げて1ドル=108円82銭
  • カナダ・ドルは対米ドルで0.6%安

原題:Dollar Retreats From 2-Week High as Traders Weigh Fed Outlook(抜粋)

Dollar Hits Two-Week High as Fed Cuts, Then Pares: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株最高値、FOMCが金利据え置きを示唆

  30日の米株式相場は反発。S&P500種株価指数は過去最高値を更新した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は市場の予想通り利下げを決定したが、今後は金利を据え置く可能性があると示唆した。

  • 米国株は反発、S&P500が最高値更新-パウエル氏発言後に上げ幅拡大
  • 米国債は長期債中心に上昇、10年債利回り1.77%
  • NY原油は3日続落-米原油在庫が急増、APEC首脳会議は中止
  • NY金スポットは下落の場面も、FOMCが政策据え置きを示唆

  S&P500種は利下げ発表直後は上下に振れたが、利上げを検討するにはインフレ率が顕著に上昇し、それが持続することが必要だとのパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受け、騰勢を強めた。米国債もパウエル議長発言後に一段高となった。

  S&P500種株価指数は前日比0.3%高の3046.77。ダウ工業株30種平均は115.27ドル(0.4%)高の27186.69ドル。ナスダック総合指数は0.3%上昇。ニューヨーク時間午後4時54分現在、米10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.77%。

  ハリス・ファイナンシャル・グループのマネジングパートナー、ジェイミー・コックス氏は、「貿易問題が和らぐかどうかにかかわらず、インフレ率が著しく上向かない限り、またはそれまでは、今後の利上げに大きなストップがかかったことになると市場は考えている」と話した。

  個別では、ジョンソン・エンド・ジョンソンがダウ平均の上げをけん引。ヤム・ブランズとモルソン・クアーズは決算発表後に下落。ゼネラル・エレクトリックは業績見通しを引き上げたことを受けて急伸した。

  ニューヨーク原油先物相場は3日続落。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫が予想を超える大幅増加となったほか、米中が貿易合意を締結する場になると期待されていた11月のチリでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が中止となったことを受けた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は48セント(0.9%)安の1バレル=55.06ドルと、1週間ぶりの安値で終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は98セント安の60.61ドル。

  ニューヨーク金市場では、スポット相場が乱高下。FOMCが3会合連続で利下げを実施したものの、今後は金利を据え置く可能性を示唆したことを受け、下げに転じる場面もあった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限はFOMC声明発表前に、0.4%高の1オンス=1496.70ドルで終えた。

原題:U.S. Stocks Rise to Record, Treasuries Gain on Fed: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Bull Flatten as Fed Cuts Fade From Policy Outlook

Oil Falls to Lowest in a Week After Surprise U.S. Crude Build

Spot Gold Swings as Fed Rate Signals Add to Rally Headwinds

◎欧州債:ドイツ債が小幅高、ECBがQE再開-イタリア債下落

  30日の欧州債市場でドイツ債は小幅高。ECBは月間200億ユーロの債券を購入するQEを再開した。ドイツのインフレの伸びが市場予想を上回り、ドイツ債の上げは抑制された。

  • ドイツ債はブルフラット化。中核国債のパフォーマンスは準中核国債を上回った
  • イタリア債は下落、ユーロ圏の他国債のパフォーマンスを下回った。同国は5年債、10年債の入札を実施し、合計55億ユーロ発行したが、安定した需要を集めた
  • 英国債はブルフラット化。英国は12月12日の総選挙に向けて準備に入る。10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて0.69%
  • ドイツ10年債利回りは1bp下げてマイナス0.36%、フランス10年債利回りはほぼ変わらずのマイナス0.06%、イタリア10年債利回りは2bp上昇の1.00%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds Underperform USTs Before Fed: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE