コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが2週間ぶり高値から下落、FRB議長発言重し

更新日時

30日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)は利下げを当面休止する可能性はあるものの、利上げは検討していないとするパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が意識された。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%安。一時は0.3%上昇し、10月17日以来の高値となった
    • FOMCは政策金利を0.25ポイント引き下げた。利下げはこれで3会合連続。今後については、少なくとも1会合は政策を据え置く可能性を示唆。声明では「景気拡大の維持に向け、適切に行動する」との文言が削除された
  • ジェフリーズの外為責任者、ブラッド・ベクテル氏:
    • 「FOMCはこの先、金利据え置きの姿勢のようだが、必要に応じて利下げに踏み切る構えを依然維持している。利上げのハードルは極めて高いことを明確に示した」
  • FOMCはフェデラルファンド(FF)金利誘導目標レンジを1.5-1.75%に引き下げた背景として、世界的動向の影響を挙げた
  • 7-9月(第3四半期)の米実質国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率1.9%増。市場予想は1.6%増だった
  • 市場は31日の日本銀行の政策決定と11月1日の米雇用統計に注目
  • カナダ・ドルは主要10通貨で下落率トップ。カナダ銀行(中央銀行)は政策金利を8会合連続で1.75%で据え置いた。ただし、経済成長見通しは下方修正した
  • 主要10通貨ではスイス・フランが値上がり率トップ。大半の主要通貨は狭いレンジで推移
  • ニューヨーク時間午後4時17分現在、ドルは対ユーロで0.4%安の1ユーロ=1.1151ドル。対円では0.1%下げて1ドル=108円82銭
  • カナダ・ドルは対米ドルで0.6%安

原題:Dollar Retreats From 2-Week High as Traders Weigh Fed Outlook(抜粋)

Dollar Hits Two-Week High as Fed Cuts, Then Pares: Inside G-10

(相場を更新し、市場関係者のコメントなど新たな情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE