コンテンツにスキップする

GE株急伸、キャッシュフロー見通し再度引き上げ-事業再編に弾み

30日の米株式市場で米複合企業のゼネラル・エレクトリックが大幅高。ラリー・ カルプ最高経営責任者(CEO)の下、事業再編に取り組む同社は2019年のキャッシュフロー見通しを2四半期連続で引き上げた。

  GEの30日発表によると、インダストリアル事業の今年のフリーキャッシュフローは最大で20億ドル(約2200億円)になる見通し。従来予想は10億ドル未満だった。

  一方、関税やボーイング737MAXの運航停止によるジェットエンジン事業の厳しい状況は向かい風となった。

Sales Gains

All but GE's turbine unit showed growth in the third quarter

Source: The company

  30日の米株式市場でGEは一時14%高。年初から29日までに約25%値上がりしている。

  7-9月(第3四半期)の調整後利益は1株当たり15セントに増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の12セントを上回った。売上高はほぼ変わらずの234億ドル。市場予想は288億ドルだった。

  インダストリアル事業の調整後キャッシュフローは6億5000万ドル。前年同期比では減少したものの、今年初のプラスとなり、市場予想を上回った。

  ボーイング機に関連した課題を抱えているものの、GEアビエーションの売上高は8.4%増。同部門は737MAX向けのエンジンを製造する。

  

原題:
GE Soars as Another Boost to Cash Forecast Buoys Turnaround (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE