コンテンツにスキップする

韓国向けビール輸出、9月は前年比99%減-不買運動が影響

更新日時
  • フッ化水素は前年同月比で99%減少、輸出管理厳格化の対象
  • 日本製品の不買運動は「残念」、今後の動向を注視-菅官房長官

財務省が30日発表した9月の貿易統計(国別・品目別)によると、日本の韓国向けビールの輸出は前年同月比99%減少した。貿易を巡り日韓の対立が続く中、韓国内で起きた日本製品の不買運動が影響した。

  発表によると、日本から韓国へのビール輸出は金額ベースで58万8000円と、前年同月の7億8485万円から急減した。今年8月も5009万円と92%減少していた。

  菅義偉官房長官は30日の会見で、韓国内での不買運動について「残念に思う」と述べた上で、「わが国企業へのさらなる影響も含め、今後の動向については引き続き政府として注視していきたい」とした。日韓関係が厳しい状況でも、国民間の交流や経済活動は「しっかり行われるべき」であり、「韓国側の賢明な対応を期待したい」とも語った。

Beer Illustrations Ahead Of Full-Year Earnings Announcement

日本産ビール

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  また、日本が韓国向けに輸出管理を厳格化したフッ化水素の9月の輸出量は100キログラム、金額ベースでは372万円と、いずれも前年同月から99%減少した。半導体洗浄に使われるフッ化水素は、日本が7月に対韓輸出管理を厳格化した半導体材料3品目のうちの一つ。

(第3段落に菅官房長官の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE