コンテンツにスキップする

モーリスの副会長が顧客離れ警告、フィッシャー氏の不適切発言踏まえ

米投資銀行モーリスのエリック・カンター副会長は、職場で女性に対する敬意が欠ける金融機関は顧客から一段と厳しい処罰を受けることになると述べた。

  カンター氏はサウジアラビアのリヤドで行われている投資会議で発言した。この数週間前、フィッシャー・インベストメンツの創業者で資産家のケン・フィッシャー氏が業界向け会議で一連の不適切な発言をして非難を浴びた。その影響で運用資産1140億ドル(約12兆4000億円)のフィッシャー・インベストメンツから約31億ドルの資金が引き揚げられた。

  カンター氏は「未来投資イニシアチブ(FII)」のパネル会合に出席し、「処罰と言うか、実際に現実のものとなったレピュテーションリスクは、そのファンドの投資家が資金を引き揚げ始めたことだ」と話した。

関連記事:ゴールドマンもフィッシャーから資金引き揚げ、性的比喩発言巡り

Key Speakers At The Bipartisan Policy Center Executive Council On Infrastructure

カンター副会長

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

原題:
Eric Cantor Warns of Investor Backlash in Wake of Fisher Remarks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE