コンテンツにスキップする

ECBバイトマン氏、「グリーンQE」に警告-中銀には過剰な負担

  • 量的緩和、市場にとって中立であるべきだ-バイトマン氏
  • ラガルド次期ECB総裁は気候変動対策に積極的に関与する姿勢

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、量的緩和(QE)実施の際にグリーンボンドの優先購入が義務付けられるなら中央銀行にとって過剰な負担となりかねず、最終的には独立性が脅かされるリスクがあると警告した。

  バイトマン氏は29日にフランクフルトで、いわゆる「グリーンQE」は物価安定の維持という主要目標と相反を起こす可能性があると主張。気候変動問題の対策を打ち出すのは選挙民によって選ばれた政府の仕事で、中銀が環境政策を推進する民主的な正当性はないと続けた。

  バイトマン氏は「われわれの責務は物価の安定であり、金融政策の実施においては市場の中立という原則を尊重しなければならない」と指摘。インフレ率が低い間だけ気候変動対策を続けなければならない理由は、ほとんど理解されないとも述べた。

  この慎重なアプローチは、ラガルド次期ECB総裁の見解とは対照的だ。ラガルド氏は気候変動の緩和に中銀がいかに貢献できるか議論することが「優先課題として」捉えられるべきだと語っていた。

原題:
ECB’s Weidmann Warns Green QE Could Overburden Monetary Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE