コンテンツにスキップする

中国、国家半導体ファンドを新設-米テクノロジー依存の低減狙う

  • 設計から製造まで自前のサプライチェーンを構築する取り組み加速
  • 中国は14年に集積回路で最初の国家ファンド設立

中国は国内半導体産業に投資する2040億元(約3兆1500億円)規模の国家ファンドを正式に新設した。米テクノロジーへの依存を減らす目標達成を後押しする。

  中国は世界最大の半導体輸入国。政府が支援する新たなファンドの立ち上げで、設計から製造まで自前の半導体サプライチェーンを構築する中国政府の取り組みを加速する。同ファンドは全般的な戦略に加え、スマートフォンやデータセンターに使われるプロセッサー、ストレージ半導体など集積回路セクターへの投資のかじ取りで重要な役割を果たす。

  トランプ米政権が事実上の禁輸リストに掲載する中国企業を増やし、華為技術(ファーウェイ)や商湯科技(センスタイム・グループ)などを標的とした半導体の供給を絶とうとする中、中国にとって米国製品への依存低減は急を要する問題となっている。

  中国は2014年に集積回路で最初の国家ファンドを設立していた。

原題:China to Funnel $29 Billion Towards its Chip Ambitions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE