コンテンツにスキップする

ヒューマンタッチなお重要、手数料ゼロとロボアドバイザーの時代でも

  • UOBケイ・ ヒアンは100人の証券取引担当者を採用
  • 顧客はヒューマンタッチのために上乗せ料金支払うだろう
Daily Life At Housing & Development Board Public Housing Estates In Lee Kuan Yews Tanjong Pagar District
Photographer: Sanjit Das
Daily Life At Housing & Development Board Public Housing Estates In Lee Kuan Yews Tanjong Pagar District
Photographer: Sanjit Das

取引手数料ゼロ、ロボットがアドバイス、というのが世界の証券業界のトレンドだが、シンガポールのUOBケイ・ ヒアン・ホールディングスはこの流れに逆行することにした。

  同社は国内銀行最大手DBSの証券部門から、証券取引の担当者約100人を採用した。注文した取引を人間の手で処理してもらうために顧客が幾らかの上乗せ料金を払うことをいとわないだろうと見込んでいるからだ。

  UOBケイ・ ヒアンのシニアエグゼクティブディレクター、 エズモンド・チュー氏は、「多くのものがデジタル化されているが、ヒューマンタッチは依然として非常に重要だ」と話した。そういうサービスのために人々は「数ベーシスポイント」を支払うことをいとわないだろうと述べた。

  DBSビッカーズ・セキュリティーズ(シンガポール)からUOBケイ・ヒアンに移ったこうした担当者は正社員ではなくコミッションで働く。

  こうした従業員を減らす「DBSの決定は当社に規模拡大のチャンスを与えた。100人を増やすのはずいぶん時間がかかる」とチュー氏は述べた。

原題:
Forget Zero Fees and Robots. One Broker Doubles Down on Humans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE