コンテンツにスキップする

香港活動家の黄之鋒氏、11月の区議選に出馬できず-当局の判断で

  • 「民主自決」への支持は香港基本法と相いれず-香港政府
  • 北京が今回の選挙をいかに操作しているか示した-黄氏

香港で11月24日に行われる区議選(地方議会選)を巡り、地元当局は2014年の民主化デモ「雨傘運動」を率いた活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏の立候補を認めない決定を下した。選挙を通じた影響力拡大を目指していた抗議活動参加者には打撃となる。

  黄氏は29日、区議選への出馬が禁じられたことを確認。香港政府は別の発表文で、具体的な候補者名は挙げずに「民主自決」への支持は香港基本法と相いれないと主張。黄氏の立候補を認めなかった選挙管理官への支持を表明した。

Activist Joshua Wong Announces Bid In Hong Kong's District Council Election

香港民主活動家の黄之鋒氏

Photographer: Kyle Lam/Bloomberg

  黄氏はツイッターで、「11月の区議選への出馬を禁じられた唯一の候補者になる」と説明。「中央政府(北京)が政治的検閲や審査を通じて今回の選挙をいかに操作しているかを示した」と記した。

  黄氏は香港の民主自決を掲げており、香港当局は同氏の立場を独立の主張に等しいと見なしている。

原題:
Hong Kong Bars Activist Joshua Wong From Running in Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE