コンテンツにスキップする

訪台旅行者数の伸び率、03年以来のマイナスもー中国の個人旅行停止で

中国政府が台湾への個人旅行を停止したことを受けて、台湾を訪れる外国人旅行者数に異変が生じている。重症急性呼吸器症候群(SARS)がまん延した2003年以来初めて、年間の伸び率がマイナスへと転じる可能性がある。

  台湾交通部(交通省)観光局が25日に発表したデータによると、9月に台湾を訪れた中国本土からの旅行者数は前年同月比46.8%減となった。中国文化観光省は7月、国内47都市について台湾への個人旅行プログラムを8月1日から停止すると発表した。

  台湾を訪れる外国人旅行者の総数は、今年これまでのところ10%余りの伸びを示しているが、中国の規制措置により15年連続の増加に歯止めがかかる恐れがある。03年には、SARS発生後に台湾と香港へ旅行を控える動きが広がった。

Number of Chinese visitors to Taiwan falls most since February 2017

原題:
Taiwan Set for First Tourist Drop Since 2003 After China Ban (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE