コンテンツにスキップする

ティファニー株急伸、買収合戦に発展との観測-LVMHの提案受け

  • 同業のリシュモンやケリングも関心を示す可能性-キーバンク
  • ティファニー株は32%高、上昇率は過去最大となった
Jewelry is displayed in a window of the Tiffany & Co. store on Fifth Avenue in New York, U.S., on Monday, Oct. 28, 2019. 

Jewelry is displayed in a window of the Tiffany & Co. store on Fifth Avenue in New York, U.S., on Monday, Oct. 28, 2019. 

Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg
Jewelry is displayed in a window of the Tiffany & Co. store on Fifth Avenue in New York, U.S., on Monday, Oct. 28, 2019. 
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

米ティファニー株が28日の米株式市場で急伸。同社は高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のオーナーであるフランスのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンからの買収提案(1株当たり120ドル)を精査していると発表したことを受け、対抗案が出てくる可能性があるとアナリストは分析した。

  ティファニー株は32%高と過去最大の上昇率を記録。129.72ドルで引けた。LVMHが約145億ドル(約1兆5800億円)の買収案をティファニーに提示したとのブルームバーグの報道を両社が確認。合併・買収(M&A)で実績を残してきているLVMHは、米国市場へのエクスポージャー拡大を図っており、今回の提案は戦略的に理にかなっているとアナリストらは指摘する。

  LVMH株は仏株式市場で、この日一時1.5%上昇したものの、0.5%安で引けた。

Tiffany shares recover lost ground

  キーバンク・キャピタル・マーケッツのアナリスト、エドワード・イルマ氏は、買収価格は1株当たり125-130ドルのレンジが「妥当」と見られるとし、傘下に「カルティエ」を抱えるフィナンシエール・リシュモンや「グッチ」のオーナー、ケリングもティファニーに関心を抱く可能性があると分析。カウエンのアナリスト、オリバー・チェン氏はリシュモンなどに加え、投資会社などが参入してくる可能性と、買収が実現しないリスクも考慮しておく必要があると指摘した。

原題:Tiffany Soars Above Offer Price as Street Sees Other Bidders (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE