, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

米国株から現金・債券へのシフト、2008年以来の規模-ゴールドマン

  • 米国株ファンドからは今年これまでに1000億ドル流出
  • 債券ファンドは3530億ドル流入、現金は4360億ドル増

ゴールドマン・サックス・グループによると、今年の米国株ファンドからの資金流出は、現金および債券への流入との比較で2008年以来の大きさだった。

  ただ、それでも現金比率は「歴史的低水準」に近いと、デービッド・コスティン氏らゴールドマンのストラテジストは指摘。現在の現金配分比率は12%と、過去30年の5パーセンタイルに当たるという。

  ストラテジストらは25日のリポートで「高い不確実性、リセッション(景気後退)に対する投資家の懸念、もともと低かった現金比率」のため、2020年に株式配分が大幅に増加する可能性は抑制されそうだと記した。

  ゴールドマンがまとめたデータによると、米国株ファンドからは今年これまでに1000億ドル(約10兆9000億円)が流出し、過去15年で2番目のペース。一方、債券ファンドには3530億ドルが流入し、現金は4360億ドル増えているという。

   来年についてゴールドマンは、米株買いの主役は今年と同様に企業だとみている。個人と外国人投資家も買い越し、年金基金は株式への配分を減らし続けると予想した。

Stock funds see outflows, but still beat bonds and cash

原題:Goldman Says Rush From Stocks to Cash, Bonds Biggest Since 2008(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE