コンテンツにスキップする

ANA、5度にわたるMRJ納入遅れで三菱重側と補償交渉

更新日時
  • ANAHD福沢取締役:事実とすれば大変残念-6度目延期報道で
  • 通期営業益予想を下方修正、米中貿易摩擦や世界経済の低迷など影響

ANAホールディングス(HD)は29日、三菱重工業傘下の三菱航空機が開発中の「スペースジェット(旧称MRJ)」のこれまでの5度にわたる納入延期に関する補償交渉が始まっていることを明らかにした。

  ANAHDの福沢一郎取締役が同日都内で開いた決算会見で明らかにした。守秘義務があるとして詳細については言及を控えた。スペースジェットは国産初のジェット旅客機として三菱重の100%子会社である三菱航空機が開発を進めており、当初は2013年にANAHDへの納入開始を目指していた。

Opening Day Highlights At The 2018 Farnborough Airshow

18年の仏航空ショーでお披露目されたANA塗装の機体

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  今月に入って6度目の延期に向けた調整に入ったとの報道が出て、三菱重は詳細の検討作業を慎重に進めている、とのコメントを発表していた。

  現在の計画ではANAHDが20年にスペースジェットの最初の顧客になる予定。福沢氏は延期について直接、三菱重側から正式発表されたものはないが、事実とすれば大変残念とした上で来年の納入が遅れたとしてもバックアップ体制を敷いており、運用上の問題はないと話した。

  三菱重の広報担当者は、ANAHDとはさまざまな話はしているが補償について決まった事実はないとコメントした。

  ANAHDは29日、通期(20年3月期)の営業利益予想を1400億円と従来予想1650億円から引き下げると発表した。ブルームバーグが事前に集計したアナリスト予想の最も低い値を下回った。下方修正の要因として米中貿易摩擦などによる貨物需要の減少のほか、国際線ビジネス需要の伸び悩みや格安航空事業での他社との競合激化などを挙げた。

  福沢氏によると、日銀短観で大企業製造業の景況感が3期連続悪化、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを下方修正するなど世界経済の低迷が顕在化する中、その影響として国際線のビジネス需要で「企業の出張とりやめまで至らないものの徐々にダウングレード化、あるいは運賃の安いところから入っていく」といった傾向が見られるとした。

  また、日韓関係の悪化の影響が傘下のピーチ・アビエーションに出始めているとも述べた。

(三菱重のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE