コンテンツにスキップする

ペロシ下院議長、大統領弾劾調査への賛否問う採決を今週実施へ

  • 決議案採決で弾劾調査はさらに公の段階に移る-ペロシ議長
  • 決議案採決は10月31日の予定-民主党の上級幹部
ペロシ下院議長

ペロシ下院議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

ペロシ下院議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米下院はトランプ米大統領に対する継続中の弾劾調査への賛否を問う採決を行う予定だ。弾劾調査のプロセスは違法だとする共和党の主張を無効にすることを目指す動きだ。

  ペロシ下院議長は下院議員宛ての書簡で「われわれがこのステップを踏むのは、トランプ政権が文書提供を控えたり、証人の証言を妨げたり、正式に承認された召喚状を無視したり、下院を妨害し続けたりする可能性を巡る疑念を払拭(ふっしょく)するのが狙いだ」と説明した。

  下院の3委員会はここ数週間、トランプ大統領と側近が2020年大統領選の民主党有力候補のバイデン前米副大統領を調査するようウクライナ指導者に圧力をかけた疑惑について、証人から情報収集するため非公開の聞き取りを行ってきた。こうした調査を支持する今回の決議案は、弾劾プロセスへの賛否を公に下院全体に問う初の機会となる。民主党議員は一握りの議員を除き弾劾調査を既に支持している。  

  民主党の上級幹部によると、この採決は31日に予定されている。ペロシ議長は書簡で、今回の決議案で弾劾調査がさらに公の段階に移ることになると述べ、公開の審議や非公開の宣誓供述から集めた情報の公表などが含まれることを明らかにした。

原題:Pelosi Says House to Vote This Week on Impeachment Inquiry (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE