コンテンツにスキップする

マクロン仏大統領、英離脱の3カ月延期を支持-仏政府当局者

  • EUの大使級会合は28日に延期案を承認する見込み
  • マクロン大統領は27日午後に電話でジョンソン首相と話した

フランスのマクロン大統領は英国の欧州連合(EU)離脱期限を来年1月31日まで延期することに合意する見通しだ。仏政府当局者が匿名を条件に述べた。

  フランス以外のEU加盟国は既にこの延期案に同意しているため、英国が10月31日に合意なしに離脱するリスクは後退した。

BRITAIN-EU-POLITICS-BREXIT

ジョンソン英首相

  

  フランスの同意を受けてEUの大使級会合は28日に延期案を承認する見込み。草案は離脱協定案が英国とEUの双方で批准されれば英国が11月30日か12月31日に離脱することもできる内容。

  3カ月の延期が認められれば前倒し総選挙によって英議会の膠着(こうちゃく)状態を打破したいジョンソン英首相は時間を与えられることになる。マクロン大統領は27日午後に電話でジョンソン首相と話した。

原題:Macron Backs Brexit Delay as Johnson Faces Vote on Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE