コンテンツにスキップする

HSBC、7-9月利益が市場予想に届かず-利益率目標を撤回

  • 第3四半期の調整後税引き前利益は前年同期比12%減
  • 2020年にROTEを11%超とする目標を撤回

HSBCホールディングスの7-9月(第3四半期)利益はアナリスト予想に届かなかった。同行は有形株主資本利益率(ROTE)目標を撤回した。

  28日の発表によると、第3四半期の調整後税引き前利益は前年同期比12%減の53億ドル(約5760億円)と、同行がまとめたアナリスト予想の57億ドルを下回った。収入は前年同期比2%減だった。同行は2020年にROTEを11%超とする目標を撤回した。

  困難にもかかわらずアジア事業は底堅さを見せたとする一方、ノエル・クイン暫定最高経営責任者(CEO)は発表資料で、英事業の一部や欧州大陸、米国での活動は「許容できないパフォーマンスだった」と明らかにした。

  同行は、一部アジアでの事業に比べリターンが後れを取っている欧州で、より大胆な変更を行うことを示唆した。厳しさを増す収入環境を理由に挙げ、「低収益事業から資本をリバランスする」方針を示し、これが10-12月(第4四半期)以降の大幅な費用につながる可能性があると説明した。

  収入の大きな部分を稼ぐ大中華圏では香港の混乱や米中貿易摩擦の逆風があるものの、収益は持ちこたえたとしている。

原題:HSBC Profit Misses Estimates; Bank Drops Profitability Goal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE