コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

10月も低迷続く中国経済、わずかながら安定化の兆しも-早期指標

  • ブルームバーグ・エコノミクスが最も早めに入手できる指標を集計
  • 販売担当者はここ1年7カ月で最も強気-ワールド・エコノミクス
Workers stand next to machinery in the mineral selection shop at the Dongguashan Copper Mine, operated by Tongling Nonferrous Metals Group Co., in Tongling, Anhui province, China, on Thursday, Jan. 17, 2019. On the heels of record refined copper output last year, China's No. 2 producer, Tongling, says it'll defy economic gloom and strive to churn out even more of the metal in 2019.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国では7-9月(第3四半期)の景気減速が10月に入っても続いている。ただ、ほぼ30年ぶりの低成長となる中で、わずかながら安定化の兆しも見える。

  金融市場や企業などから最も早めに入手できる指標を集計したブルームバーグ・エコノミクスの指数によれば、中国経済は10月に6カ月連続で冷え込んだ。貿易と生産者物価、鉄鉱石、銅の指数が全て悪化した。

Worsening Results

China's economy continues to slow

Source: Bloomberg Economics

  中国の対米貿易を巡る緊張は9月と10月に緩んだが、その効果が表れるのはまだ先だ。それでも、ワールド・エコノミクスによれば、市場の成長や人材の項目別指数が引き続き弱い活動を示す中でも、販売担当者はここ1年7カ月で最も強気になっているという。

  

Business Pickup

But trade and factory downturn

Source: Bloomberg Economics, South Korean Ministry of Trade, Energy & Industry, World Economics, Standard Chartered Bank

  スタンダードチャータードによると、中小企業のデータは10月に改善の兆しを示した。

  同行の申嵐、丁爽両エコノミストはリポートで、「現在の業績と期待、与信環境のサブ指数が今月上昇し、継続的なカウンターシクリカル措置の下で第4四半期(10ー12月)の緩い回復の可能性を高めている」と分析。対外貿易は引き続き大きな逆風だが、「建設・製造セクターの強い業績が主にけん引し、国内需要が若干回復した」と記した。

Stock Prices Rebound

Source: Bloomberg economics, data compiled by Bloomberg

原題:
China’s Slowdown Rolls On Into October, Early Indicators Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE