コンテンツにスキップする

「ジョーカー」首位返り咲き、「マレフィセント2」は2位-北米映画

  • 初登場作品ではSTXの「カウントダウン」が5位
  • ソニーの「ブラック・アンド・ブル-」は6位-コムスコア集計

週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザースの「ジョーカー」が4週目で首位に返り咲いた。

  DCコミックス「バットマン」シリーズに登場する代表的な悪役の原点を描いた同作品の興行収入は1890万ドル(約20億5500万円)。調査会社コムスコアが27日、推計値を発表した。

  初登場から2週連続で首位だったジョーカーを抜き、前週1位となったウォルト・ディズニーの「マレフィセント2」は2週目で2位に後退した。

relates to 「ジョーカー」首位返り咲き、「マレフィセント2」は2位-北米映画

「ジョーカー」

ソース:ワーナー・ブラザース

  初登場作品では、STXエンターテインメントのホラー作品「カウントダウン(原題)」が900万ドルで5位。ソニーのアクション映画「ブラック・アンド・ブル-(原題)」は830万ドルで6位となった。

Top 10 Films
Top 10 Film Grosses
All Films Year To Date

原題:
‘Joker’ Returns to Top of Box Office, Beating Three New Releases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE