コンテンツにスキップする

香港の週末デモ21週連続、世界各地の抗議行動に影響及ぼす

香港ではこの週末も民主化を求める抗議デモが実施され、週末のデモはこれで21週連続となった。香港のデモに感化され、こうした抗議運動は南米から欧州、中東に至る世界中に広がっている。

  尖沙咀では道路を封鎖し、交通を妨害していたデモ隊に警官隊が催涙弾を発射。元朗区では衝突が起き、中環(セントラル)では平和的な集会に数千人が集まった。佐敦では店舗に放火するデモ参加者がいたほか、九龍の深水埗地区では警察署に火炎瓶を投げ付ける参加者らもいた。鉄道駅で発煙弾を発射する行為も見られた。

Demonstrators Attend Medical Workers Resisting Tyranny Rally As Hong Kong Protests Set for 21st Weekend

尖沙咀地区での抗議デモ、10月27日

写真家:カイル・ラム/ブルームバーグ

  香港のデモは世界各地に影響を及ぼしており、今月は各地の都市で経済的不平等や地域社会の不満、汚職疑惑を訴える動きが相次いだ。

  スペイン当局はカタルーニャ自治州で独立支持者らの抗議デモを抑え込んでいる。チリでは、4セントの地下鉄運賃値上げをきっかけとした抗議行動が過去数十年で最悪の暴動に発展し、これまでに少なくとも18人が死亡した。

原題:
Hong Kong Protests Flare for 21st Weekend Amid Global Unrest (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE