, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

金融・財政政策の「日本化」傾向に違和感-白川前日銀総裁

  • 政策立案者らは「依然としてデフレという妖怪に取りつかれている」
  • 金融・財政緩和の目標は「将来の需要を今に持ってくる」ことだけ

日本銀行の白川方明前総裁は27日、日本以外の国々に金融・財政政策の「日本化」が見受けられると述べた上で、低金利・高債務戦略が経済的問題の解決に向け機能するか懐疑的な見方をしていることを明らかにした。

  白川氏は上海でのフォーラムで、「悲しいことに日本の外でこの種の日本化が今見受けられる」と指摘。「政策立案者と主流派の学者らは依然としてデフレという妖怪に取りつかれている」と語った。

Bank Of Japan Governor Masaaki Shirakawa Farewell News Conference

日銀の白川方明前総裁

  日本は生産性低下といったより根本的な問題にもっと迅速に取り組む必要があっと同氏は分析。金融・財政緩和の目標は「将来の需要を現在に持ってくる」ことだけであり、こうした前倒し戦略はグローバルな経済問題の解決策ではないと話した。

原題:BOJ Former Governor Says ‘Japanification’ Policy Trend Misguided(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE