コンテンツにスキップする

サウジ基礎産業公社の利益、10年ぶり低水準-7~9月期

  • 純利益は前年同期比86%減の8億3000万リヤル
  • 売上高は23%減の337億リヤル-SABICが発表

サウジアラビアの化学メーカー、サウジ基礎産業公社(SABIC)の7-9月(第3四半期)決算では、利益が急減し少なくとも10年ぶりの低水準となった。評価損計上のほか、原油安が製品価格を圧迫した。

  SABICの発表によれば、純利益は前年同期比86%減の8億3000万サウジ・リヤル(約241億円)。売上高は23%減の337億リヤルとなった。

  同社はスイスの同業クラリアントの持ち分25%について、15億リヤルの減損処理を行ったと発表資料で説明した。

Sabic's adjusted net income for the third quarter missed the lowest estimate

原題:
Sabic Quarterly Net Slumps to Lowest in Decade on Impairment (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE