コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、ポンド下落-英EU離脱延期期間の決定待ちで

25日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の大半に対して上昇。英国の欧州連合(EU)離脱延期に関するEU加盟27カ国の決定が来週に持ち越される中で、ポンドが売られた。円は下げ幅を縮小。米中通商交渉の「第1段階」に関して、中国による知的財産の保護強化の必要性をナバロ大統領補佐官がトランプ大統領に訴えているとCNBCが報じた。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は小幅に上昇。週間ベースでは4週間ぶりのプラスとなる
    • 主要10通貨ではカナダ・ドルとオーストラリア・ドルが米ドルを上回るパフォーマンス
  • 英国の離脱延期の期間に関する最終決定持ち越しでポンドのほか、ユーロも軟調となった
    • 来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)会合が開かれるほか、日銀やカナダ中銀も政策決定会合を予定している
  • 円は米中通商協議に関するニュースの影響を受けた
    • 米中は通商協議「第1段階」の一部事項で仕上げに近づいているとの声明を米通商代表部(USTR)が発表。円はこれを受けて売られた
    • その後、ナバロ補佐官の知財に関する発言が伝わると、避難通貨は下げ幅を縮小。ナバロ氏はその後、「伝聞に基づくフェイクニュース」だとしてこの報道を一蹴した
  • 10月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は95.5と、速報値(96)から下方修正され、市場予想(96)も下回った。5-10年先のインフレ期待は2.3%と、過去最低に並んだ
  • ニューヨーク時間午後4時39分現在、ブルームバーグのドル指数は1%未満の上昇
  • ドルは円に対して0.1%高の1ドル=108円67銭。週間では0.2%高と、3週連続の上昇となる
  • ポンドは対ドルで前日比0.2%下げ、1ポンド=1.2823ドル
  • ユーロはドルに対し0.2%安の1ユーロ=1.1079ドル

原題:
Dollar Rises While Pound, Euro Slip on Brexit Wait: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE