コンテンツにスキップする

米ミシガン大消費者マインド指数、10月確定値は95.5に下方修正

更新日時

10月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は、速報値から下方修正された。ただ前月からは上昇しており、製造業の弱さにもかかわらず、個人消費が米経済を引き続き支える可能性が示唆された。

キーポイント
  • 10月のミシガン大消費者マインド指数(確定値)は95.5に上昇
    • 10月速報値、および確定値のエコノミスト予想中央値はともに96だった
    • 9月は93.2
  • 10月の現況指数は113.2に上昇
  • 期待指数は84.2に上昇
    • 速報値の84.8からは下方修正
American consumers aren't as upbeat about economy as earlier this year

インサイト

  • 5-10年先のインフレ期待は2.3%と、過去最低に並んだ。速報値の2.2%からは上昇した
  • 1年先のインフレ期待は2.5%と、速報値と変わらず。前月の2.8%から低下
  • 10月のミシガン大消費者マインド指数確定値は速報値から下方修正されたものの、なお3カ月ぶりの高水準。ただ通商対立が長期化し、世界的に景気の弱さが見られる中、経済見通しに対する米消費者心理がやや冷えていることも示された
  • 家庭向け耐久消費財の購入環境に関する指数は、今年に入ってからの最高水準に一致

ミシガン大の見解

  消費者調査ディレクター、リチャード・カーティン氏(発表資料で):

  「消費者の関心は所得と雇用の伸びに集中しており、他のニュースはおおむね無視されている」

  「不確実性を生むさまざまな要因が間違いなく、消費者の楽観の広がりに対する潜在的な脅威となり続けるだろう」

  • 統計表

原題:U.S. Consumer Sentiment Pares Gains as Economic Outlook Dims (1)(抜粋)

(詳細やミシガン大の見解を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE