コンテンツにスキップする

米国、中国が農産物購入と引き換えに関税撤回要求と予想-ロイター

中国と米国の当局者は25日の協議で、計画されているものを含め米国が中国製品への関税の一部を撤回することと引き換えに、中国がより多くの米国産農産物を購入する計画について話し合う見込みだ。ロイター通信が協議について説明を受けた匿名の関係者の話として報じた。

  ロイターによると、「第1段階」の合意署名のために中国は1560億ドル(約17兆円)相当の中国製品への関税計画を撤回するよう求める見込みだと米国の関係者2人が述べた。また関係者1人によれば、9月1日に発動された約1250億ドル相当の中国製品に対する15%の関税の撤回も求めるという。

  その見返りに中国は大豆と小麦、とうもろこしを含む一部の米国農産物に対する関税を免除するだろうと、中国を本拠とする関係者1人が述べた。中国による購入の総額は不明だが、1人の関係者によれば、年間200億ドル前後で開始される可能性があるという。

関連ニュース

原題:CORRECT: US Expects China to Ask for Tariffs To be Dropped: Rtrs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE