コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、WeWorkへの50億ドルはクレジットネガティブ

SoftBank's Blockbuster IPO Said to Hit Retail Sales Target
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
SoftBank's Blockbuster IPO Said to Hit Retail Sales Target
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

シェアオフィス事業の米ウィーワークへの支援の一環として、ソフトバンクグループが提供する50億ドル(約5430億円)のデットファイナンスの計画は、基本的にソフトバンクGにとってクレジットネガティブだと、クレジットサイツのシニアアナリスト、メアリー・ポロック氏が述べた。

  ソフトバンクGの2019年度第1四半期の総資産有利子負債比率(LTV)計算に基づくと、この現金使用によってLTVは22.8%に上昇する。また、ウィーワークの状況によるマイナスは悪化していると同氏は指摘。これは孫正義社長が自身の選好する株式投資の追求と救済をバランスシートより優先するというさらなる証拠だと論じた。

原題:SoftBank’s $5b Debt Plan to WeWork Credit Negative: CreditSights(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE