コンテンツにスキップする

ゴールドマンもフィッシャーから資金引き揚げ、性的比喩発言巡り

  • 米国の州や市の年金基金がフィッシャーIとの関係打ち切り
  • フィッシャー氏の下品な発言以来、資金引き揚げは27億ドル超

ゴールドマン・サックス・グループも、業界会合での下品な発言で物議を醸したケン・フィッシャー氏の資産運用会社から資金を引き揚げる。

  事情に詳しい関係者1人が明らかにしたところによると、ゴールドマンはフィッシャー・インベストメンツから2億3400万ドル(約254億円)を引き揚げるが、金額は増える可能性がある。ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。

  これによりフィッシャー・インベストメンツからの資金引き揚げ額は2週間前の問題発言以来、総額27億ドル余りに上った。ロサンゼルス市の消防・警察署員年金基金の理事会は24日、フィッシャーの代表者らとの協議後、5億ドルの引き揚げを採決した。

  フィッシャー氏は今月8日の会合で、性器に言及した比喩を行い、その言葉の重大性をすぐには理解せず批判を浴びている。フィッシャー氏はその後謝罪したが、ニューハンプシャー州やアイオワ州、ミシガン州、ボストン、フィラデルフィアの年金基金が同氏の会社との関係打ち切りを決めた。

  米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、フィッシャー・インベストメンツは2018年末時点で、36の州・地方自治体の年金基金などの団体に代わり約109億ドルを運用・管理していた。

原題:
Goldman Sachs Joins Retreat From Fisher’s Firm After His Remarks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE