コンテンツにスキップする

テスラ株急騰、弱気派が「大やけど」-マスク氏の警告から1年半

電気自動車メーカーの米テスラが24日の米株式市場で急騰。予想外の黒字転換を遂げたことなどを追い風に、一時は日中ベースで8カ月ぶりの高値を付けた。同社株をショート(売り持ち)にしている投資家が「世紀の大やけど」を負うというイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の昨年5月の警告が、ようやく現実のものになった。

  予言的中までの道のりはマスク氏の想像以上に長かったかもしれないが、S3パートナーズのイーホリ・ドゥサニウスキー氏によると、24日のテスラ株急騰により、空売り投資家は時価評価で約13億6000万ドル(1500億円)の損失を出した。空売り投資家が今年これまでに稼いだ利益20億ドルの約7割が吹き飛んだ計算になる。

Tesla Showroom as China Vows to Retaliate Following U.S. Tariff Hike

テスラの上海ショールーム

  テスラ株は寄り付きで20%上昇し304.93ドルと、日中ベースで3月1日以来の高値を付けた。

  テスラ株の値下がりを見込む空売り投資は、株価が3年ぶり安値となった6月、約51億6000万ドルの利益を生んだ。売り持ちは9月にピークをつけた後は減っているが、S3のデータによるとそれでも浮動株全体の約23%(約81億ドル相当)を占めている。

原題:
Musk Makes Good on ‘Short Burn of Century,’ 18 Months Later (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE