コンテンツにスキップする

トランプ大統領の弾劾調査が加速、非公開証言で「決定的な証拠」確保

  • テイラー氏の証言、下院の調査へ重要な情報を提供
  • 数週間内に公聴会の開始を見込む-民主党議員ら
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Shawn Thew/EPA
トランプ大統領
Photographer: Shawn Thew/EPA

トランプ米大統領の弾劾調査を進める米議会の民主党にとって、ウィリアム・テイラー駐ウクライナ代理大使の証言は重要な手掛かりを与える衝撃的なものとなった。証言内容は近く公表される見通しだ。

  トランプ政権は証人の発言を阻止し、文書提出を控えているものの、弾劾調査ではトランプ氏と同氏に最も近いアドバイザーらが裏ルートでウクライナに接触していたことを示す証言を確保している。こうした接触は、米国の外交政策をてこに政治的ライバルのスキャンダルを掘り出すことに焦点が絞られていたもようだ。

  ジェイミー・ラスキン下院議員(民主、メリーランド)は23日、「現時点で、決定的な証拠が積み上がっている。別のストーリーはあり得ない」と指摘。テイラー氏の22日の証言を受け、「調査が劇的に加速した」と述べた。

The acting Amassador to Ukraine, William B. Taylor, Jr., is meeting with the House Intelligence committee for their impeachment inqury, on October 22 in Washington, DC.

ウィリアム・テイラー氏、10月22日にワシントンで

Photographer: Bill O’Leary/The Washington Post via Getty Images

  テイラー氏の証言は、他の証人発言を通じて既に一部組み立てられていた情報のパズルの重要なピースとなった。他の証言者にはマリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使や、トランプ氏のロシア・欧州アドバイザーだったフィオナ・ヒル氏らが含まれる。

  弾劾調査に加わっている複数の民主党議員によると、非公開の証言は約2週間で終了する見込み。その後は公聴会が開かれる見通しだ。

原題:
‘Smoking Gun’ Testimony Accelerates Democrat Impeach Timeline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE