コンテンツにスキップする
Photographer: Patricia Monteiro/Bloomberg

中国、部分合意1年目に200億ドルの米農産物を購入する意向-関係者

  • 200億ドル購入なら、米国が関税を課し始める前の水準を回復
  • 最終合意成立後には400億〜500億ドルまで購入増加の可能性
Soybeans are loaded into a truck after being harvested at the Santa Cruz farm near Atibaia, Brazil, on Wednesday, March 29, 2017. Brazil is world's biggest soybean exporter and second largest producer behind the U.S., according to the USDA.
Photographer: Patricia Monteiro/Bloomberg

中国は、米国との部分的な貿易協定に調印した場合、1年目で少なくとも200億ドル(約2兆1700億円)相当の米国産農産物を購入することを目指しており、将来の交渉ではさらに購入を増やすことを検討する。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  200億ドルの購入なら、中国の米農産品輸入は米国が関税を課し始める前の2017年並みに戻る。全ての懲罰的関税が撤廃される最終合意が成立すれば、2年目には購入額が400億〜500億ドルにまで増える可能性がある。協議は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べた。1年目が始まり、輸入が200億ドルの一部と見なされ始める時期には触れなかった。

  米中両国は現在、部分的な合意に向け詳細を詰めている。今月のワシントンでの協議では米国が計画していた10月の関税引き上げを見送ることに合意し、中国が購入増やその他の譲歩に同意したと説明していた。

  中国商務省にファクスで農産物の購入に関するコメントを求めたが、応答はない。

Slump in Trade

Trade war has hurt U.S. farmers and exporters

Source: U.S. Department of Agriculture

原題:China Willing to Buy $20 Billion of U.S. Farm Goods in Year One(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE