コンテンツにスキップする

ノルウェー中銀、利上げ休止の見解維持-クローネ安に警戒感も示す

  • 「弱いクローネが先行きのインフレ上昇をもたらす可能性」-総裁
  • 政策金利、1.50%に据え置き-市場の予想通り

ノルウェー中央銀行は、金利が「当分の間」現水準にとどまるとの見解を維持したが、歴史的なノルウェー・クローネ安でインフレリスクが生じていると指摘した。

  オルセン総裁は24日の声明で、「ノルウェー経済は上向き、9月の予想にほぼ沿って推移している。基調的なインフレも予測された通りだ」としつつ、「それと同時に、弱いクローネが先行きのインフレ上昇をもたらす可能性がある」との見方を示した。

  ノルウェー中銀はこの日、政策金利を1.50%に据え置いた。ブルームバーグが調査したエコノミスト全員が予想した通りだった。

原題:
Norway Sticks With Decision to Pause Hikes; Warns of Weak Krone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE