コンテンツにスキップする

ダイムラー、コスト削減を強化へ-7~9月利益は予想上回る

  • ディーゼル車排気に関する調査の引当金は十分ではない可能性
  • メルセデス乗用車部門の利益率は6.3%から6%に低下

ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは、業界の電気自動車へのシフトに対応するためにコスト削減の取り組みを強化する方針を示した。メルセデス・ベンツ乗用車部門の利益率が低下したにもかかわらず、7-9月(第3四半期)の利益はアナリスト予想を上回った。

  • 24日の発表によると、ディーゼル車排気に関する調査をカバーするために既に計上した引当金は十分ではない可能性があり、利益率の重しとなる恐れがある
  • 7-9月のEBIT(利払い・税引き前利益)は8%増の26億9000万ユーロ(約3300億円)。アナリスト予想は25億4000万ユーロだった
  • メルセデス乗用車部門の利益率は6.3%から6%に低下

原題:Daimler Zeroes in on Costs, Diesel Risk After Earnings Beat (1)Daimler Quarterly Earnings Beat Expectations on Delivery Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE