コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】監視社会、死活問題、為替報告控え、豚肉危機

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 中国、林鄭行政長官交代を検討-北京から情報入手と親中派の香港議員
  • 香港、「逃亡犯条例」改正案を立法会で正式撤回
  • 監視社会恐れる香港市民、中国本土化を懸念-警察は顔認識AI活用
  • 抗議活動で低迷の香港企業、生きるか死ぬか-大幅値引きに活路
  • 香港で本土出身者に広がる不安、北京語避け移住も検討-抗議活動激化
  • 米財務省の為替報告書控えアジア諸国は警戒、向こう数週間に公表
  • ポンペオ氏:日米豪印戦略対話に期待、中国台頭への抑止力
  • 中国の豚肉危機でCPI上昇率4%も-積極的な金融緩和に踏み切れず
  • 中国がユーロ建て債発行へ、04年以来初ー借り入れコスト低下受け
  • 中国人民元:世界での決済シェア、9月は1.95%に低下-SWIFT
  • 中国、海外企業による国内企業への投資促進-新たな措置発表
  • 中国、「質の高い貿易」促す新たな政策採用へ-財新
  • 年36%超えるローン金利は違法-中国が新規定で明確化
  • 中国企業は過去最高の610億ドルを借り入れー民間部門主導で
  • ディズニーのアイガーCEO、香港の抗議活動巡り言動控える
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE